【在留】申請取次行政書士のピンクカード

 少し前になるのですが、届出済証明書(通称ピンクカード)を取得するため、忙しかった9月になんとか申請取次事務研修に参加してきました。最後に効果測定があるのですが結構難しかったです。

↑通称ピンクカード。といっても風営法の許可申請やるカードではありません。出入国管理及び難民認定法に規定する在留資格認定証明書交付申請(いわゆるVISA)や在留期間更新許可申請、永住許可申請等に外国人本人やその代理人が入国管理局等に原則出頭することなく申請等取次者(一定の行政書士等)が申請等を行うことができるというものです。

 それだけパワーのあるカードなのですが、一昔前のレンタルビデオ会員証なみのパウチ&手書きという手作り感満載のカードとなっています。同期の行政書士とも話したのですが、写真が2×2という謎のサイズ。行政書士あるあるのひとつなのでしょうか。

 全国で研修を行っていますが、私は東京会場(砂防会館)で受講。3年更新なので、研修のスケジュールを押さえておかないと北は札幌、南は那覇へ研修に行くことになります。予定が合えば職員旅行を兼ねて行っても面白いかもしれませんね。

結構なボリューム。比較的実務的な研修でした。

 前職時代を思い出す研修中のお弁当。1日フルの真面目な研修会ですと、楽しみはお昼くらい。味噌カツだしてくれるのなら、次回は名古屋会場で受講したいかも。

前の記事

12月2日は社労士の日