【令和3年度労働・社会保険料】令和3年度保険料・年金額等

雇用保険料率

厚生労働省リンク→雇用保険料率について

※令和3年度の変更はありません。(令和2年度と同じです)

 

労災保険料率

厚生労働省リンク→令和3年度の労災保険料率について

※令和3年度の変更はありません。(令和2年度とほぼ同じです。一部新設あり)

 

健康保険料率(協会けんぽ)

全国健康保険協会リンク→令和3年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます

最も低いのは新潟県の9.58%、最も高いのは佐賀県の10.73%と前年度同様となりました。10%を超える都道府県が多くなりました。

保険料当月徴収の場合は3月から、翌月徴収の場合は4月の給与から新しい保険料率となります。

※介護保険料率は1.8%
※こども・子育て拠出金は0.36%
※組合健保は該当の健保にお問い合わせください。

健康保険・厚生年金の保険料額(協会けんぽ)

全国健康保険協会リンク→令和3年度保険料額表(令和3年3月分~)

保険料当月徴収の場合は3月から、翌月徴収の場合は4月の給与から新しい保険料となります。なお、厚生年金の保険料率に変更はありません。

 

 

国民年金・厚生年金額

厚生労働省リンク→令和3年度の年金額改定について

令和2年度の年金額は0.1%の引下げとなっています。

新規裁定者の年金額(67歳以下)

  月 額
国民年金(満額の場合) 65,075円
厚生年金(標準的なモデル世帯) 220,496円

 

主な年金額(年額)

  年 額
老齢基礎年金 780,900円
障害基礎年金(1級) 976,125円
加算額(第2子まで) 224,700円
加算額(第3子以降) 74,900円
障害厚生年金3級の最低保証額 585,700円

 

国民年金保険料額

  月 額
令和3年度 16,610円
令和4和度 16,590円

※2年前納ができるため、翌年度の保険料額が発表されています。なお、前年度より固定されたはずの法律で規定された保険料額が100円アップしています。(保険料免除拡大のため)

国民年金保険料の前納額

  口座振替(△は割引額)

現金またはクレジットカード

(△は割引額)

6ヶ月前納 98,530円(△1,130円) 98,850円(△810円)
1年前納 195,140円(△4,180円) 195,780円(△3,540円)
2年前納 382,550円(△15,850円) 383,810円(△14,590円)

※クレジットカード会社のポイント還元率によりますが、クレジットカード払いで2年前納が一番お得かもしれません。前納申し込み締切日は、1年以上の前納は2月末、6ヵ月前納は2月もしくは8月末となっています。

在職老齢年金

   
60歳から64歳の支給停止調整開始額 28万円
60歳から64歳の支給停止調整変更額 47万円
65歳以降の支給停止調整額 47万円

※令和3年度の変更はありません。