健康保険料当月徴収の給与担当者の方はすでに対応されているかと思いますが、弊所顧問先事業場はすべて前月徴収のため来月(4月支給分)より、給与から変更後の保険料を徴収します。なお、健康保険組合の適用事業所の方は各健康保険組合にお問い合わせください。

 健康保険協会の神奈川県の保険料率は、介護保険第2号被保険者に該当しない場合9.93%、該当する場合は11.50%となります。介護保険第2号被保険者の場合、介護保険料率が低下(1.65%→1.57%)したため、平成29年度より低下しています。

 なお、もっとも高い保険料率は、昨年に続き佐賀県の10.61%となります。新潟県は9.63%ですから約1%の差があります。

全国健康保険協会リンク→平成30年度保険料額表

 

→18.4.6追記

 「子ども・子育て拠出金率」が現行の2.3/1000から2.9/1000に引き上げられています。健保・厚年と同様に前月徴収の場合は、5月納付分から変更となります。なお、「子ども・子育て拠出金」は事業主負担のみなので、従業員に対しては特段周知の必要はありません。

日本年金機構リンク→保険料額表(平成29年9月分~)(厚生年金保険と協会けんぽ管掌の健康保険)

 

→関連「人事・労務ニュース」リンク

平成29年度 厚生年金保険料率が改定されています。

年金支給漏れについて(振替加算)