厚生労働省が平成28年分の「毎月勤労統計調査(速報)」の結果を発表し、賃金の伸びから物価変動を差し引いた「実質賃金」が前年比0.7%増となり、5年ぶりに増加に転じたことがわかった。労働者1人あたりの平均賃金(月額)である「現金給与総額」31万5,372円(同0.5%増)で、3年連続の増加となった。
厚生労働省リンク

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/28/28p/28p.html